服

費用がかからないことでお馴染みのアイトスに依頼

スタッフ共通の服を

パーカー

使い勝手がいいです

イベントなどでスタッフ共通の服装をしたいときにパーカーを利用するのは便利です。ズボンや下のシャツは各自の私服でよく、パーカーを羽織るだけでスタッフだと判別できますし、休みたいときは脱ぐだけですむからです。オリジナルパーカーを作るなら、専用の業者に頼むのが楽です。無地のパーカーに、デザインをプリントする方法になります。業者によって用意してあるパーカーが違うので、自分たちに合う布地のある業者を選ぶことが大切です。パーカーの質によって料金も変わってきますが、プリントするデザインが複雑になるほど料金が高くなります。オリジナルパーカーを作成する場合は業者に直接訪れて依頼することもできますが、電話やFAXを使って依頼することもできます。現在では、インターネット上で発注することもできるので、より簡単になっています。FAXの場合は、カラーで送れないこともあるので色の指定を1つ1つすることが大切です。インターネットの場合は、業者によってデータを送る際にデザイン作成ソフトが決まっている場合があるので予め確認することが大切です。どちらにしても、自分たちの考えたデザインのイメージが業者にきちんと伝わっているか確認することが大切です。担当者とこまめにコミュニケーションを取って、意思の疎通を図ります。デザインを確認したら業者はプリントを開始します。オリジナルパーカーの布地の感触は実際に触ってみないと分からないので、一度実物を送ってもらえるような業者を選ぶと安心です。完成見本を送ってもらったら最終的な確認をし終わると、指定していた枚数のプリントが始まります。オリジナルパーカーは、デザインの確認や修正に時間がかかるので、時間に余裕をもって発注することが大切です。